睡眠障害外来

睡眠障害

当院では、睡眠時無呼吸症候群だけでなく、不眠症、睡眠覚醒リズム障害、むずむず脚症候群、周期性四肢運動障害、過眠症(ナルコレプシー、特発性過眠症)など睡眠障害全般を診療の対象としています。初診では問診や各種検査によって診断し、治療方針を決定します。

適切な診断のため、終夜睡眠ポリグラフ検査(1夜の検査入院)、アクチグラフなどの検査設備・機器を導入しています。

    <代表的な睡眠障害の症状例>
  • ●不眠症
    寝つきが悪い、途中で目が覚める・朝早く目が覚める、熟睡感がない
  • ●睡眠覚醒リズム障害
    起きようと思う時間帯に起きられない・寝ようと思う時間帯に寝つけない
  • ●むずむず脚症候群
    足がむずむずしたり、違和感を感じるため寝つけない
  • ●過眠症
    日中の眠気が強い・または、睡眠時間が長い
  • ●睡眠時無呼吸症候群
    寝ている間に呼吸が止まっている・いびきをかく・日中眠い
ページTOPへ