集団精神療法

集団精神療法とは「メンバーとメンバーの相互作用」と「メンバーとセラピストの相互作用」、この双方によって、グループの各メンバーの不適応行動の変化に効果をもたらす治療法(Yalom,I.D.)です。

グループに参加することによって、自分の対人関係の問題に気付いたり、新たな思考や行動のパターンを学習したりすることができます。

当院には、以下のような集団精神療法のグループがあります。 参加されるには主治医の紹介が必要です。

当院で行われている集団精神療法のグループ

■アルコール依存症の治療ための「学習会」「月曜ミーティング」
■療養病棟入院中の患者さんの「お話し会」
■うつのリハビリテーションプログラム(集団認知行動療法)
■ろうの患者さんへのグループカウンセリング
■家族教室(精神科一般・アルコール依存症)

ページTOPへ